新型コロナによる休園で、空っぽになったディズニーワールドは今【画像集】

ディズニーワールドの「マジックキングダム・パーク」から、人がいなくなった(3月23日)

新型コロナウイルスの感染が拡大する中で、ウォルト・ディズニー・カンパニーは、世界各地にあるディズニーランドやディズニーワールドを休園にした。

ディズニーテーマパークの中でも一番大きい、フロリダ州の「ディズニー・ワールド・リゾート」も休園で大きな影響を受けている。

同リゾートの4つのテーマパークと2つのウォーターパーク、ホテル、ショッピングセンターは、3月15日に閉鎖された。

当初、3月末に再開する予定だとウォルト・ディズニー・カンパニーは説明していたが、現状を考えると難しそうだ。

ディズニー・リゾートがあるカリフォルニア州オレンジカウンティは3月24日に、26日から2週間の外出禁止令を出している。

空っぽになったディズニー・ワールド・リゾートは今どうなっているのだろう。写真で見てみよう。

クローズされた料金所(3月23日)空っぽの「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」に、ミレニアムファルコンが見える(3月16日)「スター・ツアーズ」のアトラクションの中で、暗い影を落とすAT-ATウォーカー(3月16日)閉鎖された、ディズニー・コンテンポラリー・リゾートホテル(3月23日)ディズニーワールドにあるリゾート・フォーシーズンズオーランドのゴルフコースも、閉鎖されたウォーターパーク「ディズニー・ブリザード・ビーチ」にも、人はいない(3月16日)通常ならマジックキングダム・パークを訪れる人たちの車で埋まっている駐車場も、ガラガラだ「トイ・ストーリーランド」にも人影は見当たらない閉鎖された、マジックキングダム・パーク(3月23日)テーマパークの一つ「エプコット」(3月23日)ショッピングセンター「スプリングス」もクローズ。人の気配がない(3月23日)

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。

Source: ハフィントン・ポスト