【台風19号】「週末に関東直撃」は本当なのか? 各国の進路予想を見てみた結果 → 絶望しかなかった

嘘だろ……いや、嘘であってくれ……! きっと誰もがそう願っているはずだが、残念ながら台風19号「ハギビス」は本気で日本にやって来るようだ。ウェザーニュースによれば、2019年10月12日から13日早朝にかけ、東海から関東に接近・上陸する恐れがあるという。

3連休にガッツリかぶっている上に、今年最強レベルの強さを誇るとか絶望のバーゲンセールかよ。私(あひるねこ)は信じない……! 気象庁の言うことなんて信じないぞッ!! と、勢いで各国の予想進路を見てみたところ、さらなる絶望に押しつぶされる結果となったためお伝えしたい。

・台風19号が接近中

本日9日の15時現在、小笠原近海を時速約15kmの速さで北北西に進んでいる台風19号。大型で「猛烈な」勢力を依然として保っており、中心気圧915hPa、中心付近の最大風速55m/s、最大瞬間風速75m/sというハンパない数字を叩き出している。

東海道沖に達すると言われる12日の予報においても、中心付近の最大風速45m/s、最大瞬間風速60m/sという「非常に強い」勢力を維持。ウェザーニュースによると、関東から東海に接近・上陸するタイミングでも同様の強さになる見込みだ。

・関東直撃か?

気象庁発表の予想進路を見る限り、台風は12日から13日にかけてガッツリ関東に直撃することになる。先日大きな被害があった千葉はもちろん、東京においても暴風などによる影響は免れないだろう。該当地域にお住まいの方は、どうか早め早めの対策を心掛けていただきたい。

と、ここまで書いておいてなんだが、同時に「ホントのホントに直撃するの?」という現実逃避じみた思いを拭えないのも事実。気象庁が大袈裟に言っているだけで、フタを開ければ大したことなかった……なんて話だって十分にあり得るではないか。そこで今から、各国が予想する19号の進路を見てみようと思う。

・米軍の予想

まずは米軍の「合同台風警報センター(JTWC)」だ。アメリカ国防総省が予想した19号の進路は……! なんと……!!

まかの関東直撃コース……!

な、なにィィィィイイイ!? そう、米軍と気象庁の予想はほとんど同じだったのである。それ即ち絶望あるのみ。信じたくない、そんな現実。というわけで、お次はフィリピンの台風情報サイト「Typhoon2000.com」を見てみたい。

・各国の予想

このサイトでは気象庁と米軍はもちろん、香港、中国、台湾、韓国、フィリピンの予想が一気に確認できてしまうのだ。なんという説得力! これさえ見れば19号の今後の動きが分かるぞォォォォオオオオ!! しかし……

まかの関東直撃コース……!

・絶望

嘘だろ、どの国もほぼ一緒……! 大きな右カーブを描きながら、関東を削り取る地獄のムーブが予想されているではないか。なんなら米軍よりも台湾の方が、関東直撃の可能性をより濃厚に示唆しているぞ。辛い現実突きつけてくるやん……。

・十分な注意を

気象庁の予想がハズれていることを期待したはずが、逆に絶望を深める結果となってしまった今回の事態。もちろん台風のコースが確定したわけではない。わけではないが、最大限の対策は必要不可欠だろう。皆さん、どうか万全な準備で3連休に臨んでください。

参照元:気象庁ウェザーニュースひまわり8号リアルタイムWeb合同台風警報センターTyphoon2000.com
執筆:お天気観測者・あひるねこ


Source: ロケットニュース24